新着情報

2020年5月18日

静岡県西伊豆町にて新型コロナウイルスに伴う経済対策事業を開始

自治体向け地域通貨プラットフォームサービス「chiica(チーカ)」を活用し、
町内で使えるデジタル地域通貨「サンセットコイン」10,000円分を配布

静岡県西伊豆町と株式会社トラストバンク(本社:東京都目黒区、代表取締役:川村 憲一、以下「トラストバンク」)は本日5月18日より、西伊豆町が実施する、新型コロナウイルス感染拡大に伴う町内事業者への経済的支援対策として、全町民を対象に町内の店舗で利用できる地域通貨10,000円分の配布を開始します。本取り組みでは、トラストバンクが開発する自治体向け地域通貨運用プラットフォームサービス「chiica(チーカ)」を活用します。

 西伊豆町は4月17日、新型コロナウイルス感染拡大防止対策による町内事業者への営業自粛要請や県境をまたいだ移動自粛要請により観光客が激減したことで、町内の飲食店や宿泊施設などの売り上げが大幅に減少していることを受け、町内取扱店に限定して利用できる地域通貨の流通を通して町内経済の活性化を図るため、全町民に向け西伊豆町の地域通貨「サンセットコイン」10,000円分を配布する「西伊豆町サンセットコイン事業」を発表しました。本日より、全町民を対象に「サンセットコイン」10,000ユーヒ※1の配布を開始すると共に、町民は町内のサンセットコイン取扱店において、サンセットコインを利用することができます。

 サンセットコインの受け取り方法については、全町民に10,000ユーヒがチャージされたカードが郵送で届きます。サンセットコインを利用する際は、取扱店において利用者がカードを提示し、店舗側がカードに記載されたQRコードを読み込むことで、決済ができます。支払い時サンセットコインの残高が足りなかった場合は、サンセットコインと現金を併用することも出来ます。
 
 本事業におけるサンセットコインの発行、管理に「chiica」を利用することで、従来の紙のプレミアム商品券による経済対策と比べ、リアルタイムな地域通貨の利用状況の把握やデジタルで入金管理を行うことができるため、自治体職員および取扱店の事務処理が軽減されます。利用者はカードにサンセットコインを繰り返し1,000円単位でチャージすることができ、キャッシュレスで町内の取扱店での利用が可能になり利便性の向上につながります。また、地域通貨を利用できる地域や期間を限定することが可能になり、法定通貨を使用する場合と比べて、通貨の域内循環が期待でき、経済活動の推進など発行元の目的に沿った活用ができます。

西伊豆町とトラストバンクは、今後総務省によるマイナポイント事業との連携など西伊豆町独自の地域通貨である「サンセットコイン」を通じて、事業者の経済的な支援に加えて、町民の健康促進や観光事業の推進などを積極的に展開してまいります。

 

西伊豆町長 星野 淨晋のコメント
「『chiica』の仕組みを活用することで、新型コロナウイルス感染拡大防止策による影響を受けている町内事業者へ、直接的に経済効果を届けることができるため、今回のサンセットコイン配布により、町内景気回復が進むことを期待しています。
また、今後もこの仕組みを住民の健康づくりや観光誘客などに活用していきたいと考えています。」

※1「ユーヒ」とは、西伊豆町の地域通貨の単位。1ユーヒ=1円で換算。「ユーヒ」の由来は西伊豆町が夕陽(ユーヒ)日本一宣言をしていることにちなむ。

 

□■ 西伊豆町サンセットコイン事業概要 ■□

■ サンセットコインカード配布期間
2020年5月18日より順次郵送
■ サンセットコインカード配布対象者
2020年4月27日現在で西伊豆町の住民基本台帳に登録されている全町民
■サンセットコイン配布額
 10,000ユーヒ(10,000円分)
■ サンセットコインの有効期限
今回支給分については2020年5月18日から2021年3月31日まで
※個人でチャージした分は期限なし。
■サンセットコイン専用ページ(取扱店一覧)
 取扱店一覧URL:https://chiica.jp/municipality/m22306/(5月25日公開)

お問い合わせ

chiica導入をご希望の自治体・団体の方、またchiicaアプリに関してのご質問は下記からお問い合わせください。